2015年08月06日

サノケンさんの会見を見て

サノケンさんの会見、見ていて辛かったです。
デザイナーがここまで矢面に立たされるのは
何か違和感がありました。

デザイナーでいることが怖くなります。

ベルギーのロゴと並べられて報道されますが
その完成度の違いは、一般の方にはわからないものなんでしょうか?
ベルギーのロゴは、ラフのような出来映えであんまり上手くないと
日本のデザイナーさんたちは思っているはず。
少なくとも、コンペに参加した100名ほどのデザイナーは誰しも思っているのでは?

テストで20点の子が100点の子に
「僕の答案をカンニングしたからあいつは100点なんだ」
といっているようなもの。
「君の答案みなくっても、僕は100点取れるんだけど…」って
本当は言いたいけど、それは言わない日本人の奥ゆかしさ。
だからベルギー人のはっきりした主張の方が正しいかのように映ってしまう。
日本人って本物志向だから、もっと目が肥えてると思ってたけど
ネットの「似てる〜パクリ〜」って反応を見る度に心が痛みます。

あの会見も、スポーツならスポーツ記者
政治なら政治に詳しい記者、STAP細胞だってサイエンス記者
医学なら医学ライターが取材するでしょ?
デザインがわかる記者がいなくてサノケンさんしんどかっただろうな。。
あの説明で違いが分からないってまだ言っている記者は
結果的に記事も書けないし、会見後報道が少ないのは何故だろう…?
posted by 女社長 at 15:52| Comment(0) | お仕事日記