2008年08月28日

JTのCM

最近流れているCMで共感したもの。
JT「イギリス/思いやりの扉」篇

私も、イギリスに半年くらい住んだことがあり
この思いやりの扉篇を見て懐かしく思いました。

例えばスーパーなどの公共の場で扉を開けたら
後ろの人が来ていないかを確認し、
人がこっちに歩いてきていたら、ずっと扉を押さえて
開けて待っていてあげるのが常識なんです。

もちろん、自分も開けて待っていてもらうこともしばしば。
その時は、すれ違いざまに“サンキュッ”と、お礼を言うのです。
はじめはびっくりした習慣でしたが、いざ日本に帰国してみると、
扉を開けて待っていてくれないことに違和感を覚えました。

ちなみに、くしゃみをすると
“ブレス ユー”と言われるのでこの時も“サンキュッ”と
お礼を言うのが常識です。イギリスに行ったらお試しください。

“サンキュッ”の“キュッ”は語尾を上げてかわいらしく、が基本ですよ。
posted by 女社長 at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18488443

この記事へのトラックバック