2008年09月12日

クライアントからの一言

広告の仕事って、誰かが作ったモノを自分なりに解釈し
広告として表現することだったりする。

その表現が、相手(クライアント)と合致して
さらにヒットすること。それに超したことはない。

例えば、こんな一言をかけれらてうれしかったこと。
撮影中に、各地域の支店長クラスの人たちが見学に来ていた時
「カタログつくった方ですか?」と聞かれ、そうだと答えると
「カタログ見ただけで商品が売れたんです!これからもがんばってください」

そんな話を聞くと、自分の生活を犠牲にして
がんばった甲斐があったなぁーって実感。

また、大きなプレゼンの直前までがんばって、
失神しそうになりながら、プレゼンするラフを広告代理店に
届けに行ったときに受けた拍手。これも感動したひとつ。
その営業局の知らない担当者まで拍手しながら
「お疲れさま!!」と、声をかけてくれたとき。

クライアントからの労いが何よりうれしい職業だと
しみじみ思うのであった。
posted by 女社長 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19223520

この記事へのトラックバック