2009年01月15日

人生を左右するひと言

今まで生きてきた中で、自分の人生が左右された言葉がある。

ひとつは、中学の担任の先生の言葉。
“美的センスを活かした仕事につきなさい
デザイン科に進みなさい”


先生は、国語の先生だったけど…ハート


もうひとつは、高校時代。
部活のコーチのひと言。引退試合のインターハイ予選、
1回戦が終わった後
私にだけ握手しながらこう言った。

“お前は、どこへ行ってもやっていける”


当時は???だったけど…。


でも、この2つの言葉、時々思い出して噛みしめることがある。


上地雄輔も、高校時代にグランドの隣で撮影していた明石家さんまに
差し入れをもらい、野球部代表でお礼を言いに行った時に言われた、
“芸能界、入れよ〜”のひと言がずっと心に残っていたそうだ。


そんな、コーチは17年ぶりにあって
09.1.15.jpg

“お前、(OGとして全国大会出場の)寄付したの?”と、第一声。

そりゃないよ、コーチ。寄付してないけど…
posted by 女社長 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 海岸で過ごす日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25537610

この記事へのトラックバック