2010年06月25日

仲間を思いやる

やったね、本田君!口だけでなく実行できるところが
いままでの日本人サッカー選手と違う気がします。

印象に残ったのは3点目。自分で行けたのにアシストしたシーン。
石川・星稜出身らしいプレーだ〜!
サッカーはこういうところが、野球と違うね!

あのシーンを見て、自分の高校時代の最後の試合を思い出しました。
小さいのにバスケ部に入って、高校からはじめたから初心者でした。
最後のインターハイ予選1回戦、残り5分くらいで試合に出してもらった時、1年生からレギュラーだったセンターのアヤが、自分にドリブルシュートを打たせてくれたことがありました。

ゴール下のアヤにパスすれば、確実に入る位置。
パスしようとチラッと見ると『そのまま行け〜!』と
ディフェンスして相手を押さえて、花道を作ってくれました。
多分、他のみんなも相手を押さえててくれてたはず。

それを見たコーチは、試合終了後、黙って握手をしてくれました。
(照れ屋でそんなことしない人なのに…)

そのことは、いまでも一生の思い出で
3年間、やってて良かったな〜って。

本田くんの心意気と余裕は、今の日本に勇気とやさしさを与えてくれたのでは?

今朝の朝日、きれいでした。
10.6.25.jpg
posted by 女社長 at 13:38| Comment(0) | 海岸で過ごす日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: